ルテインの効能

ルテインの効能としてまずあげられるものといえば、『眼の健康を保つ役割』です。ルテインは元々水晶体に多く含まれている物質なので、眼を保護する成分があるほか、欧米の研究では、失明原因のトップで、日本でも近年急増の加齢黄斑変性(AMD)や、白内障、網膜疾患などにも効果が期待されています。

眼病の予防にも

身内や近親者に緑内障や白内障の方がいらっしゃったり、近眼などで飛蚊症がちらちら見えたりする方は、予防のためにもルテインのサプリメントを摂取することが効果的です。ただ食品だけでは理想の水準を摂取しにくい成分であるので、もし本格的に効能の恩恵にあずかりたいのであれば、専用のサプリメントで摂取したほうがよさそうです。

理想の摂取量とは

ルテインの摂取量をはかるにあたっては一日単位と言うよりも、一週間にわたってルテインの摂取量を計測する法が有効であるようです。ちなみに、自然の食べものからとるルテインの一週間の摂取量は、だいたい42グラムだそうです。

ルテインは色の濃い野菜に多く含まれていますが
その野菜の250gあたりに含まれたルテインはだいたいこのようになります。

生ニンジン 0.26g
芽キャベツ 1.3g
トウモロコシ 0.78g
トマト 0.1g
ケール 21.9g
何かと栄養素が多いと言われる野菜には、それ相応にルテインが含まれているのが分かりますね。